Information 懐疑主義関連 個別案件情報 懐疑論者FAQ その他の話題 懐疑主義的LINK Skeptic's Profile

 


デバンキング
Debunking



 
 デバンキング(Debunking)とは、日本語で「すっぱ抜き」「暴露行為」などと訳されており、要するに、虚偽を積極的に暴く否定行為という含みの単語である。

本来、DebunkingやDebunkerという表現は、あまり良い意味の言葉ではなく、侮蔑の意味も含んでおり、そこには「否定という結論を決めうちして、否定のための否定をする行為」というニュアンスが含まれていたようだ。

ただ、近年では、デバンキングという言葉には「疑似科学などの虚偽を具体的に暴く行為」という意味で、懐疑論者の標準的な用語として使われるようにもなっており、たとえばMySpaceには「Debunking Pseudoscience」というコミュニティも出来ている。

そういった背景があるため、英語で使う場合は、若干の注意が必要かもしれないが、私たちがカタカナで「デバンキング」という場合は、超能力、奇跡、代替療法、疑似科学、陰謀論、都市伝説などの、非合理とされる主張に対し、観念論だけで否定的結論を強弁するのではなく、何がどのようにおかしいのか具体的に示し、根拠に基づいて真相を積極的に暴く行為を指している。

そもそも、懐疑論者は、直観的に蓋然性が低いと感じる主張(異常性に対して根拠が弱いような主張)に対しては、軽信するのではなく、原則として不採用という立場をとるものである。それは、情報の受け手として、当然の態度と考える。

しかしながら、デバンキングは、情報の受け手として、それらを却下しても良いという理由を説明するだけではなく、その次の段階として、決着にいたる真相を調査し、却下すべき強い理由や、できれば十分な根拠に基づいて否定的決着にいたる否定論を提供する行為なのである。

本来、異常性の高い主張というのは、懐疑論者ではなく、主張者側に立証責任が課せられるのが当然なのだが、困ったことに、この業界では、軽信が当たり前の世界であり、主張者側が立証責任を真面目に果たしている事例が極端に少ない。

そのため、現状として、非合理な主張は、信奉者が言いたい放題という状況になっているため、真偽の度合いを、根拠に基づいて決着させるためには、懐疑論者が立証責任を肩代わりし、デバンキングをすることが、多々あるのが実情である。

なお、現実的には、デバンキングは、否定的結論を確信した、否定ありきな心情から開始されているのが常であることから、調査において、懐疑論者としての知的誠実さや、自分が否定的結論を強く支持していることを自覚し、バイアスに注意する意識を欠いてしまうと、容易に似非懐疑主義(Pseudo skepticism)に陥ってしまうため、高水準のデバンキングは容易ではない。

つまり、誤った軽率な否定論に陥る可能性を減らすためには、クリティカルシンキングの実践と、知識に対する誠実さやストイックさが求められる。


 懐疑論者の祈り > 懐疑主義関連 > デバンキング (Debunking)

このエントリーをはてなブックマークに追加