Information 懐疑主義関連 個別案件情報 懐疑論者FAQ その他の話題 懐疑主義的LINK Skeptic's Profile

 


デバンカー
Debunker



 
デバンカーとは、懐疑主義の文脈でいう個別事例のデバンキング(Debunking)を専門にする人物のことを指す用語である。また、元来、デバンカー(Debunker)という呼称は、デンバキングという単語と同じで、ネガティブな評価込みの蔑称に近いものでもあった。

日本の訳書でも、しばしば「否定論者」や「暴露屋」と訳されており、本来の意味からすれば適切な訳語である。そのため公平な態度を心がける懐疑論者にとっては、あまり喜ばしい表現ではなかったのである。

たとえば、多くの超常現象や心霊現象を実証的に暴いてきたジョー・ニッケル(Joe Nickell)は、20世紀を代表するデバンカーの一人であることに疑いはないが、本人はデバンカーという呼称をネガティブな意味で扱っている。

「・・・この本は、対象にオープンな気持ちで向かい、説明は誇張したり抑制したりせずに徹底的に検証し、確認してから伝えようという姿勢で書いている。盲目的な信奉者(believer)ではなく、頑なな否定論者(debunker)でもなく、あらかじめ結論を用意しない「調査者(investigator)」として事実を追うつもりだ。」

ニッケル博士の心霊現象謎解き講座』前書きより

こういった言い回しからもわかるように、元来は「結論を決めうちして否定のための否定的結論を出す」という否定論者としての意味合いが強い呼称でもあったのだ。

しかしながら、近年ではデバンキング(Debunking)という語が、悪い意味を含まず「疑似科学などを暴く」という意味で、懐疑論者にとっての標準的な用語として使われ出しており、デバンカーという呼称も、そういったニュアンスを含む方向へ変化しているようだ。

こうした変遷は、現代的な懐疑主義の活動を始めた、故マーティン・ガードナー(Martin Gardner)が『インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説』などで、自らデバンカーを自称していることからも伺える。「自分が取り扱う話題は徹底的にナンセンスな疑似科学(それは"異なった意見"ではなく"明白に誤り"であるものを対象としている」という自負があるからだろう。

日本の場合は、元から疑似科学の虚偽を暴く行為や、そのような立場を表現する適切な用語がなかったこともあり、皆神龍太郎(と学会、ASIOS)が「デバンカー」を自称したことで認知され、蔑称としての用法よりも先に、カタカナ読みでの「デバンキング」と「デバンカー」が浸透していくことになったという背景がある。

したがって、この用語を日本である程度まで根付かせた功績は、皆神に帰するところが大きく、デバンカーという表現には「観念論のみで過度な一般化による否定論をぶつ人々とは異なり、具合的で事例に沿った実証的な真相の追究を重視する態度」という含みがある。

そのため、現在、カタカナで「デバンカー」という場合は「超常現象や疑似科学の個別事例を懐疑的に調査し、虚偽を暴くことを重視する懐疑的な調査者(Skeptical investigator)」という意味で使われることが普通である。 


代表的なデバンカー

 デバンキングと同様の活動は、意外とどのような時代でも逸話があるが、本格的にデバンカーが登場した時代は、19世紀に心霊主義と交霊術が全盛を迎えてからのことで、それらを専門に暴く立場が社会的に意義を持ってからというのが妥当である。

その意味で、最初期のデバンカーと呼べるのはハリー・フーディーニとウィリアム・マリオットの二人の名前が挙がる。ここでは、この二名に加え、良い意味でも悪い意味でもデバンカーを象徴するジェームズ・ランディを加え、三名について簡単に紹介しておこう。

ハリー・フーディーニ (Harry Houdini)

 本名:エーリッヒ・ワイス (Erik Weisz) 1874年3月24日 - 1926年10月31日

 

 アメリカでもっとも有名なマジシャン、伝説的な脱出王。

マジシャンではアメリカ史上初の切手にもなった好漢で、生涯をかけて職業霊媒の詐術を暴き続けたことでも有名。

フーディーニは、霊媒の交霊会などに参加しては、トリックを暴き続けたが、そもそもは、死んだ母親と交信をしたかったという動機で興味を持った人物。しかし、あまりにもペテンが多いため、結局、デバンカーになってしまったのだ。

また、本当に霊媒がいるなら、ということで、生前のうちに検証用の暗号を奥さんと取り決めていたことでも知られる。

死後、もし本当の霊媒がいるならば、フーディーニの霊と交信し、暗号を言えば簡単な実証になる。ところが、結局のところ奥さんだけが暗号を知っていた時期に、正解を持ってきた霊媒は登場していない。

なお、本によっては「暗号は現在も不明」としてあるが、それは間違い。暗号は「ローザ・ビリーブ」である。

 ※フーディーニの伝記もどきは多いが、正史と呼べる最高作品は『フーディーニ!!!』である。おすすめ。

ドクターウィルマー (Dr.Wilmar)

 本名:ウィリアム・S.マリオット (William S. Marriott)

   フーディーニと同時代に、イギリスで活動したマジシャンにして、霊媒術のデバンカー。

日本語情報・英語情報ともに極端に少ないため、あまり有名ではないが、フーディーニよりも少しだけ前に、心霊術デバンカーとして活躍しており、かなりの実績もある。

特にお手柄なのは、当時、悪名高い「インチキ霊媒グッズ」として一部の霊媒ネットワークのみで知られていた秘密のカタログを入手して、デバンキングに役立てたことにある。
この秘密のカタログ『Gambols with the Ghosts: Mind Reading, Spiritualistic Effects, Mental and Psychical Phenomena, and Horoscopy』を入手したマリオットは、卓越したスキルによってそれらを上手く演じ、有名な心霊術を決定的に暴いてきた。

マリオットは、三重の不正防止対策のなかで、霊媒術のトリックを成功させ、心霊主義の頑迷なビリーバーであるコナン・ドイルに実力を認めさせた実績もある。

また、美女っ子霊媒フローレンス・クックの演目「K・T・キング」の実体化なども、どのトリックを使ったのかまで特定しているほか、ハリー・プライス(有名な肯定的研究者)に協力するなど、20世紀前半の心霊主義シーンに深く絡んでいる。
 

 アメージング・ランディ (The Amazing Randi)

ジェイムズ・ランディ (James Randi) 1928年8月7日 -  

   1976年のCSICOP創立以降、もっとも有名にして、実績のある行動的なデバンカー。元マジシャンで60歳で引退した。

ユリ・ゲラーに対する最大の攻撃者で、逆切れ訴訟を起こされた関係で、名目上はCSICOPを脱退している。

デバンカーとしての業績は多く、また100万ドルチャレンジは、それが存在するということだけでも、インチキ超能力者への対抗手段を提供してきた。

また、本人は、デバンカーの呼称を嫌い、ジョー・ニッケルと同じく、調査者(investigator)の呼称を好むが、悪い面も良い面もあわせて、デバンカーという呼称がピッタリに思う。

しばしば、行き過ぎた否定論をやることもあり、懐疑論者からも批判的に受け止められる場合もあるが、正負を総合してもなお実績は偉大で、多くの懐疑論者は敬意を払っている。

この三人は、まさにデバンカーという感じである。他にも著名なデバンカーはおり、邦訳書もあるマーチン・ガードナー(Martin Gardner)やジョー・ニッケル(Joe Nickell)、The Skeptic's Dictionaryのロバート・キャロル(Robert Carroll)も、世界的に知られるデバンカーである。

PJSのアルフレッド・シム(Alfred Sim)、ランディが好きなTV番組(とmyspaceのプロフに書いてある)「Mythbusters」の二人組みペン&テラー(Penn and Teller)も有名である。そのほか、故人ではあるがフィリップ・J・クラス(Philip J. Klass)のような、UFOに特化したデバンカーもいる。



 懐疑論者の祈り > 懐疑主義関連 > デバンカー (Debunker)

このエントリーをはてなブックマークに追加